サイト内検索

新着記事

カテゴリー

商品の交換について

通販で衣類、靴などを購入する時の一番の悩みは「サイズが合わなかったらどうしよう・・・」ではないですか?ベルメゾンなら大丈夫!万が一サイズが合わなかった場合でも、無料で商品を交換をしてもらえます!

無料同時交換について、詳しくはこちらをご覧ください。

コメントありがとうございます

運営サイト・ブログ

profile

ランキング


others

mobile

qrcode

powered

Powered by JUGEM

急な来客にも対応!パジャマに見えないチュニックタイプのおしゃれなパジャマ

「え!?それってパジャマなの?」と家族全員が驚いた、チュニックタイプのおしゃれなパジャマをご紹介します。
特徴は、パジャマにはもったいない(?)部屋着としても十分使えるデザインと、暖かさ、そして着心地の良さです。

おなかあったかチュニックパジャマ

[おしゃれなだけじゃない!暖かさのための3つの工夫]
1.重ね着せずともお腹がしまえる
このパジャマの一番の特徴とも言えるかな。
パジャマを着たときお腹を冷やさないように、パンツの中にパジャマの上をしまったりしますよね。でも、チュニックタイプだとそれはできません。そうなるとパジャマの下にTシャツなどを重ね着すると思うのですが、できればパジャマ一枚でリラックスした状態で眠りたいです。
こちらのパジャマは、重ね着せずともお腹がしまえるという工夫のあるパジャマなんです!

胸元のギャザー切替えから下に裏地がついているのですが、この裏地部分をパンツの中にしまうだけでOK。これでおなかを冷やすこともありません。

おなかあったかチュニックパジャマ 裏地

おなかあったかチュニックパジャマ 裏地をパンツにしまった様子

裏地と言ってもカットソー素材なので肌触りはいいですよ。長さもあるので、寝ている間にお腹が出てくることはありません。

2.裾がくしゅくしゅとなった長めのパンツ
パンツの股上が深めになっているのもお腹が出ないことに一役かっています。そして、ゴムが入ってくしゅくしゅとなっている裾は締め付け感がないうえ、ずり上がってくることもありません。冷気も入いりにくいデザインです。

おなかあったかチュニックパジャマのパンツ くしゅくしゅとなった裾

裾の長さが気になる場合は、中に折り込んで着ることもできます。

おなかあったかパジャマ パンツの裾は中に折込めます

3.綿100% 起毛させたあたたかな生地
綿ビエラを起毛させた生地なので、肌触りはやわらかく気持ちいいです。
私は衣類のチクチク感に敏感なんですが、そういったことはまったくありませんでした。
着た瞬間でもヒヤっとする感じもなく、体をふんわり包み込んでくれるあたたかさです。

おなかあったかパジャマの生地感

「お腹がしまえる」「パンツの裾がすぼまっている」というだけで、あたたかさが全然違うものなんですね。やっぱり冬には冬用のパジャマがいいんだなと、つくづく感じました。

[水仕事をするときにも便利なゴム仕様の袖口]
「今日の水仕事は終わり!」と思っても、主婦って寝るまで水をさわることが多いんですよね。このパジャマなら袖口がゴム仕様になっているので、手を洗ったり水仕事をするときにも便利なんです。ほどよい余裕があるので、手首はもちろんたくしあげても腕への絞めつけ感がありませんよ。

おなかあったかチュニックパジャマの袖口(ゴム仕様)

[色柄とサイズが豊富です]
色柄は全部で8種類。その内ネット限定カラーは4種類です。サイズはS〜6Lと豊富。4L〜6Lはネット限定サイズです。

お腹あったかチュニックパジャマ グリーン

今回「グリーン」を購入したのですが、家族が言うように本当にパジャマっぽくなくて、とても気に入っています。これなら休日の朝の急な来客や宅配便にも対応できます!
丈はひざにかかる程度の長さ。パンツはストレッチ性があるのでラクラク。
サイズ感は、パジャマなのでいつもの洋服のサイズと比べ、全体的に余裕があると思います。肩、腕、お腹周り、どこにもしめつけ感はありません。
見た目も着心地も◎でありながら値段も手ごろな「おなかあったかパジャマ」。部屋着としてもう一枚購入しようかな〜と思っているところです。

おなかあったかチュニックパジャマ【ネット限定カラー・サイズあり】(BELLE MAISON DAYS)

おそろいのキッズ用もあります
おなかあったかチュニックパジャマ(キッズ)【ネット限定カラーあり】(BELLE MAISON DAYS)

●表地:(織物)綿100%(ビエラ起毛)
●裏地:(カットソー)綿95%、ポリウレタン5%(ストレッチ天竺)
●パンツ:(カットソー)綿95%、ポリウレタン5%(ストレッチ天竺)


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック